埋文ニュース

企画展「Jomon Collection-縄文時代の豊かな鹿嶋-」開催のお知らせ

2021/12/20

この度、「Jomon Collection-縄文時代の豊かな鹿嶋-」と題した企画展を開催いたします。

縄文時代の土器や土偶から分かることをご紹介する展示となっております。

場所:ミニ博物館ココシカ(鹿嶋市宮中1丁目5/℡ 0299-94-8161

期間:令和3年12月18日(土)~令和4年2月13日(日)

詳細は以上の通りです。

皆さま、ぜひご覧ください。


カテゴリ:埋文ニュース



令和3年度 鹿嶋こども歴史探検隊 隊員募集!

2021/11/29

 

 

歴史探検隊員募集!!

歴史に興味のある小・中学生を募集して『鹿嶋こども歴史探検隊』を発足します。

市内や鹿嶋に関連の深い地域の史跡巡りをしながら、歴史について見たり、聞いたり、

調べたりして、楽しみながら知識を身に付けることができます。

みなさんも歴史探検隊の一員になってみませんか

 

1 期 間 令和4年1月30日(日)から令和4年2月20日(日)全3回

2 場 所 城山公園・高松公民館・まちづくり市民センター

3 定 員 市内の小学4年生~中学生 20人

4 参加費 無料(教材費500円~1,000円程度)

5 申込み 申込用紙又は電話・FAX・メールで鹿嶋市どきどきセンターまで

※令和3年12月10日(金)までにお申し込みください。

 

鹿嶋市どきどきセンター   申込書 PDF
住所  鹿嶋市大字粟生2242番地1
電話  0299-84-0778
FAX  0299-84-0799
Mail  kmb@sopia.or.jp

カテゴリ:埋文ニュース



【グッズ速報】大助人形グッズ販売中!!

2021/11/29

この度、鹿嶋市どきどきセンターで「大助人形」に関する下記のグッズを作成いたしました。

大助人形クリアファイルは1枚200円、ストラップは完成品が1個400円、製作キットが1個300円となっております。

鹿嶋市どきどきセンターでお買い求めいただけます。

ご愛眼の程よろしくお願いいたします。

 
 
Q.大助人形とは?

A.鹿島信仰の一つに稲ワラで作った人形で病魔退散を祈る人形送りの行事があります。人形を稲ワラで作り、赤飯とトウガラシを背負わせ、人形を竹か篠につきさしてムラ境に立てて送り出す風習が昭和40年代後半まで毎年行われていました。

茨城県内では県北や県南地域でも麦ワラやマコモを用いた人形が作られています。

大助人形といっしょに、悪病が流行らないようにと祈りましょう。

 

 【お問い合せ】

鹿嶋市どきどきセンター

茨城県鹿嶋市粟生2242番地1

Tel:0299-84-0778

E-Mail:kmb@sopia.or.jp


カテゴリ:埋文ニュース



鹿嶋市どきどきセンター第21回企画展「貝貝起端」開催のお知らせ

2021/10/19

「貝貝起端-鹿嶋の貝塚からみえる縄文人のくらし-

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、8月に予定していた企画展「貝貝起端」は中止となり

ました。

その後、感染状況は落ち着いてきており皆様に展示をご覧いただける状況と判断しまして、こ

の度、企画展「貝貝起端」を再度開催する運びとなりました。

皆さま、ご見学の程よろしくお願いいたします。

=====

鹿嶋市は東に太平洋、西に北浦を望み、縄文時代から水の恵みを受けた地域です。市内の貝塚の

調査からは、魚・貝・鳥・動物といったさまざまなものを縄文人が食べていたことがわかります。

また、食生活だけでなく、当時の気候・自然環境・生活・文化・交流など縄文人の暮らしが見え

てきます。

今回の展示では、貝塚から知ることができる縄文時代の生活を紹介するとともに、貝塚からみ

つかる貝についてやさしく学べるコーナーも用意しています。さらに、近年の国際社会における

重要な目標であるSDGs(国連が提唱する持続可能な開発目標)の「14 海の豊かさを守ろう」

について学ぶコーナーも用意し、その国際的取り組みについて紹介します。

=====

 

鹿嶋勤労文化会館 スクエアギャラリー
期  間

開館時間

休  館  日

令和3年11月3日(水)から11月23日(火)

9:30から17:00

毎週月曜日

問合せ 公益財団法人鹿嶋市文化スポーツ振興事業団

鹿嶋市どきどきセンター ℡ 0299-84-0778


カテゴリ:埋文ニュース



FMかしま「ひるどきナルナ」で「鹿島の歴史」コーナーが始まります!

2021/10/12

2021年10月からエフエムかしまの「ひるどきナルナ」にお邪魔して毎週水曜日午後0時40分頃から「鹿嶋の歴史」のコーナーが始まります。

鹿嶋市内の発掘調査の活動から鹿嶋の歴史・文化を伝えられるよう、ラジオでもお話しさせていただくことになりました。

鹿嶋には、ナウマン象が住んでいた時代からの長い歴史があります。

「常にその時代を象徴するような出来事」が多く、故郷の歴史を理解することは、

未来を切り開き、各々の人生を生き抜く力に繋がっていく様に思います。

「図説 鹿嶋の歴史」の本を紐解きながら、鹿嶋台地の声に耳を傾けてみませんか・・・。

昔の鹿嶋にタイムスリップ!

サイマルラジオからインターネットでも聞くことが可能です。

ぜひお聞きください。

サイマルラジオURL:https://www.jcbasimul.com/radio/756/


カテゴリ:埋文ニュース



鹿嶋市どきどきセンター開館のお知らせ

2021/09/29
国の緊急事態宣言解除を受けて、鹿嶋市どきどきセンターは10月1日(金)より通常開館いたします。
皆様のご来館を心よりお待ちいたしております。

カテゴリ:埋文ニュース



『マンガ かしまの歴史1 鹿島氏―名門の栄光と悲劇―』刊行のお知らせ

2021/04/15
この度、鹿嶋市どきどきセンターでは『マンガ かしまの歴史1 鹿島氏―名門の栄光と悲劇―』と題した図書を刊行いたしました。

マンガかしまの歴史は、市内の歴史を紹介する図書として、今後年1巻のペースで刊行していきたいと考えております。

ご愛眼のほど、よろしくお願い申し上げます。

【頒布価格】

 500円(税込)

【頒布場所】

・鹿嶋市どきどきセンター(0299−84−0778)
・鹿嶋勤労文化会館(0299−83−5911)
・ミニ博物館ココシカ(0299−94−8161)
・鹿嶋人ギャラリー(0299−77−8878)
・オカミ書店(0299−82−1051)
・ブックス オカミ(0299−84−6677)
・TSUTAYA 鹿嶋宮中店(0299−90−7211)
     以上の施設・書店でご購入いただけます。

【問い合わせ先】

鹿嶋市どきどきセンター(茨城県鹿嶋市粟生2242−1)
 Tel:0299-84-0778  Fax:0299-84-0799
 E-mail:kmb@sopia.or.jp
※お電話・メールでお問い合わせください。


カテゴリ:埋文ニュース



オリジナル缶バッジを作ろう!

2020/08/21
どきどきセンターはで、トートバックに続いて缶バッジを発売しています。

トートバックに付ければ、自分だけのバックの出来上がり!

オリジナル缶バッジを作成希望者は写真を持参、もしくはどきどきセンターで撮影もできます。

出来上がり缶バッジ 2個100円(税込)

オリジナル缶バッジ 1個100円(税込)

詳しくは鹿嶋市どきどきセンターまでお問い合わせください。

☎0299-84-0778


カテゴリ:埋文ニュース



トートバック好評発売中!

2020/08/06
どきどきセンターはで、土器文様のオリジナルトートバックを発売しています。

市内の片岡遺跡から出土した縄文式土器の模様で、お買い物のマイバックにピッタリです。

頒布価格 500円(税込)

詳しくは鹿嶋市どきどきセンターまでお問い合わせください。

☎0299-84-0778


カテゴリ:埋文ニュース



どきどきセンター公式ツイッター開設

2020/05/20

待望のどきどきセンター公式ツイッターを開設しました。

これから、どきどきセンターの施設・イベント情報のほか、鹿嶋市内の遺跡や発掘で出土した遺構・遺物について紹介していきます!

若手職員が鋭意努力しておりますので、ぜひご笑覧ください。よろしくお願いします。

URLhttps://twitter.com/kashima_doki

詳しくは鹿嶋市どきどきセンターまでお問い合わせください。 ☎0299-84-0778


カテゴリ:埋文ニュース